エアアジアで毎回のようにエスニック料理を食べて酷い目に遭っているので、機内食のエスニック料理には全く期待していませんでしたが、タイガーエアの機内食(料理系)は意外と美味しく驚きました!

蒸し鶏ねぎ油ソースかけごはん

 

マイルドな味わいの台湾料理で、日本人にも食べやすいようにスパイスや味付けが抑えられたていますが、台湾らしさをしっかりと感じる事ができるメニュー。

 

台湾料理は日本料理と比べると「塩味が薄い」「油っぽい」「甘い」「八角の独特の匂いがする」という特徴があり、

 

「八角の独特な臭いが苦手・・・」

「台湾の甘いソーセージが食べられない・・・」

「台湾料理の油っぽさが無理」

 

このような理由で台湾料理を「まずい」と評価される日本人も多いのですが、

 

タイガーエアの「蒸し鶏ねぎ油ソースかけごはん」は台湾料理の欠点を見事に抑えて日本人でも美味しく頂く事ができる味付けがされていました。

 

相変わらずソーセージは甘かったのですが、甘すぎる訳ではなく「まあ食べられる」程度の味で、あまり油っぽくありませんでした。

蒸し鶏ねぎ油ソースかけごはんの中でイマイチだったのはソーセージ程度で、他は想像以上に美味しく頂く事ができました。

 

ご飯は軽くて食べやすい食感で、

塩加減や甘味も日本人の口に合う甘辛いソースが程よく絡んでいて、無理矢理に何かに味を例えると、焼き肉丼と照り焼き丼を足して2で割って食感を軽くしたような味です。

 

【写真】台湾料理特有の団子:台湾料理に多用される八角というスパイスの香りがほんのりとして日本人にも食べやすい控えめでマイルドなかまぼこのような食感の団子でした。

 

ハチミツケーキ

ふんわりとしたシフォンケーキのような食感のケーキですが、水分不足でパサパサとした食感と合成香料・添加物の風味が結構する事がイマイチでした。

原材料を見てみると「ハチミツケーキ」なのにハチミツがほとんど入っておらず、香料と同程度の割合で、

「少しでもハチミツが入っていれば普通のケーキでも中国ではハチミツケーキ」

と表示するのか!

と驚きました。

 

まとめ

エアアジアの機内食のメイン料理は残す事が常ですが、タイガーエアの機内食は美味しかったので写真のようにしっかりと完食できました。

タイガーエアは機内食のメイン料理に関しては美味しいので、機内食には「良い評判」を付けたいと思います。

日本人の舌にも合うマイルドな味わいの台湾料理を楽しむ事ができるので、タイガーエアに乗られる際はぜひ機内食を食べてみて下さい。