福岡の屋台天神中州 (3)

【福岡(博多)屋台情報!】九州・福岡・天神(中州)の屋台で食べられる物の種類と値段の一例・利用の際の注意点などをご紹介します。

福岡の屋台は不当な料金を請求するトラブル「ぼったくり」や無許可のフグの提供などが問題となった事があり評判も芳しくありませんが、

それ以外にも問題があり、提供される食事の値段も安いものではありません。

観光客として利用した体験(博多ラーメン・明太子・焼き鳥を食べた)を基に、福岡天神の屋台についてご紹介します。

福岡・天神・中洲の屋台で食べられる物

福岡の屋台天神中州 (4)

福岡(博多)天神の屋台では、

福岡名物「焼き明太子」・博多名物「博多ラーメン」などを中心とした福岡名物

おでん・牛タン・焼き鳥・餃子などの居酒屋メニュー

などを楽しむ事ができます。

 

スポンサーリンク

 

博多屋台の博多ラーメン・明太子・焼き鳥|食べた感想と値段(屋台名:ひでちゃん)

福岡ラーメン

シッカリとした豚骨味が美味しい屋台の博多ラーメン。(値段700円)

豚骨の風味がシッカリとしているにも関わらず、スープにドロドロ感は無く美味でした。

福岡明太子

博多名物「焼き明太子」。(値段1000円)

辛子明太子ではなく普通の明太子。辛みはなくマイルドな食べやすい味わいなのでお子様もOKです。

福岡の屋台天神中州 (1)

目の前の焼き場でガスバーナーで炙って調理を行う様子を見る事ができます。

福岡屋台メニューと値段 (1)

シッカリとした食感の焼き鳥。(値段:2本600円)

安居酒屋の焼き鳥とは異なり、身がシッカリと締まった食感でした。(多分、肉の品質自体は良い)

お腹がいっぱい過ぎて味が分からなくなっていたので、お腹が空いている時に食べたい焼き鳥でした。

福岡屋台の値段とメニューの一例

福岡屋台メニューと値段 (2)

博多・中州屋台のラーメン店の値段とメニュー一覧

博多ラーメンは700円~1000円とまあまあの値段設定ですが、焼き鳥類は2本で600円台と強気の値段設定です。

ラーメン以外は強気の値段設定で、観光客相手のお値段です。

 

スポンサーリンク

 

福岡屋台の問題点

福岡の屋台天神中州 (2)

実際に利用して分かった福岡の屋台の問題点は、「客引き」「衛生面」「値段設定」で、トラブルがあるという評判は事実だと感じました。

縁日の屋台や台湾の屋台(夜市)とは異なり、福岡の屋台は日本にしては強めの客引きがあり、店の外からでは料金が分からず席に着いてメニューを見てやっと値段やルールが分かる事になります。

 

今回利用して困った事は、「1人1品の料理を注文する」という店独自のメニューで、

食べ歩きの最後に屋台に行ったので全員がお腹がいっぱいでしたが、1人1品注文しないといけないという理由で注文し少々無理をして食べる事になった事です。

「1人1品注文するルール」は「店が小さい」という理由でしたが、それほど店自体は小さいという訳ではなく十数人~20人弱が座る事のできる広さで、このルールの合理性に欠けると感じました。

 

ぼったくりなどのトラブルに遭った訳ではありませんが、福岡屋台は評判が良くない理由は「不誠実さ」だという事が分かりました。

台湾の屋台のような明確な料金表示・もう少し親切な説明があれば「博多屋台のトラブル」は減り、評判も良くなると感じました。

まとめ|もう少し良心的ならお勧めの観光スポット

いかがでしたか?

味自体は美味しかったのですが、福岡の屋台はコスパもそれほど良いとは言えず(お祭りの縁日のような感覚)、

客引きや入ってみないと分からない料金体系やルールが設定されている場合があるので、良心的だとは言えません。

そのため、「どうしても屋台で食事をしてみたい!」と福岡に行った記念として観光目的で利用するのは良いかもしれませんが、それ以外の場合だとあまりおすすめではありません。

スポンサーリンク