パリ・サン・ドニ(Saint-Denis)治安t (1)

フランス・パリの治安が悪い中でも随一の治安の悪さを誇るサン・ドニ(Saint-Denis)の治安情報・どのような街なのか?を解説します。

サン・ドニ(Saint-Denis)は一言で表すとアフリカ人・貧困層が住むの移民街で、「サン・ドニに行った」というと決まってドン引きされました。

サンドニ

【写真】サン・ドニは10区の北にある移民地区

パリの中でも随一の治安の悪さを誇る一般の旅行者が絶対に行かない方が良いサン・ドニをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

昼のサン・ドニは気さくな人が多く活気が溢れ、パリの他の地域に比べると圧倒的物価も安いので個人的には好きですが、夜に行くと危険な理由がハッキリと分かりました。

サン・ドニは移民の多いアフリカンタウン

パリ・サン・ドニ(Saint-Denis)治安t (6)

フランス・パリのサン・ドニは現地の人からアフリカンタウンとも呼ばれており、アフリカ系の移民が多い地域です。

昼間はマルシェやにぎやかな市場が楽しくやアフリカの文化を学ぶ事ができる普通の街に見えます。

パリ・サン・ドニ(Saint-Denis)治安t (4)

【写真】パリ・サンドニは物価の安さが際立つ!

パリの中ではカナリ物価も安いので「これは良い観光スポットだ!」と思ってしまう街ですが、

治安の悪さから地球の歩き方以外のガイドブックには紹介されていない観光スポットです。

パリ・サン・ドニ(Saint-Denis)治安t (3)

また、駅を出てすぐの所に大規模で品揃えが抜群のカルフールがあり、

値段設定もパリの中心部より安いので大量にお土産を購入したい場合・安く食べ物を手に入れたい場合等には便利です。

 

スポンサーリンク

 

パリのサン・ドニの治安の悪さとレベル比較

パリ危険

移民の多い地域は「治安が悪い」とされる時計の12~3時にあたる場所に位置しており、サクレクール寺院・クリニャンクールに近い12時の方向にあります。

治安の悪さは

1位:サン・ドニ・2位・クリニャンクール・3位サクレクール寺院

のように、郊外へ行けば行くほど悪くなるので、危険な地域に入ったと思えば早めに引き返す事をお勧めします。

目安としては、

サクレクール寺院=注意して行動する

クリニャンクール=旅慣れていない人は行かない

サン・ドニ=余程の用事が無い限り行かない・夜は絶対行かない

という感じです。

黒人ばかりなので日本人が行くと本当に目立つ

パリ・サン・ドニ(Saint-Denis)市場 (2)

サン・ドニが危険な理由は、黒人ばかりの街なので日本人が行くと目立ってしまって標的にされやすくなるからです。

サン・ドニでの犯罪は、無理矢理物を奪う系の力技である事が多く、黒人に比べて圧倒的に体格の小さい日本人は格好の獲物となってしまいます。

 

私は貧乏くさい服装・ボロボロの財布を持ってサン・ドニをウロウロしていたので狙われず、食べ物を買うと逆におまけをしてもらえたのですが、

お金を持ってそうな綺麗な格好をすると目を付けられる事は間違いありません。

平和に見えても暴力事件が起こる危険な街

パリ・サン・ドニ(Saint-Denis)市場 (1)

昼間にサン・ドニを訪れた際は気さくな街の人やマルシェの店員さんと楽しく会話をしていて、

気取らない楽しいアフリカンタウンと思っていましたが、

日本人在住者・フランス人に聞くとサン・ドニは暴力事件・窃盗事件の両方が頻発する危険な街だと教えてくれました。

治安の悪さは、危険と言われているサクレクール寺院・北駅以上で凶悪犯罪が多発する地域だとの事で、

「気さくで物価の安いサン・ドニにまた行きたい」

と言うと本気で止められました。

夜は恐怖の街に変貌・治安は最悪!絶対行くな!

【写真】カメラを出すと標的になるので写真は撮れませんでした・・・

夜のサン・ドニに行くと、現地人から本気で止められた理由がハッキリと分かりました。

その理由は、頭がおかしくなった人がゾンビのように駅の外の階段や大通りから外れた小道をうつろな目で徘徊・たむろしていたからで、

見るだけで引いてしまうような光景が広がっていたからです。

 

サン・ドニに住む人々は駅の改札を出るとそこにいる事を嫌がるかのように速足で歩きその場を去っていくような感じでした。

パリの夜と言えば煌びやか又は落ち着いたイメージがありますが、夜のサン・ドニは静かで不気味な張りつめた雰囲気の街です。

スポンサーリンク