パリ治安が悪いテロ・ホームレス (5)

フランス・パリの日本人アパルトマン(数名が一度に宿泊するゲストハウスタイプ)の宿泊の際の重大注意情報をご紹介します。

ゲストハウス・外国のホテル等のトラブルと言えば窃盗等が思い当たりますが、それよりも圧倒的に頻度が高いトラブルが日本人同士の人間関係トラブルで、

毎回のようにトラブルを起こす方・元々人間的にイマイチという方がフランス・パリには多い(パリの日本人コミュニティー・個人を見ていてキツイ・冷たい・他人の迷惑を考えないという印象を受けた)と感じました。

今回のパリ滞在でとんでもない目に遭ったので、その経験を踏まえて、日本人経営のゲストハウス・アパルトマンに宿泊する際にチェックしておくポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

出没頻度多!フランス・パリ要注意人物情報

注意

パリの日本人専用ゲストハウスに度々出没する超迷惑な方の情報をご紹介します。

その方はMという方(推定60~70代)で最近トラブルを起こし、パリ15区にあるゲストハウスPを出入り禁止になりました。

その方の問題行動一覧

 

同居人・パリ居住者に迷惑をかけたエピソード

懲りないタイプの人間なので、パリで他の日本人専用アパルトマン・ゲストハウスを探して宿泊するので、日本人専用のゲストハウス・アパルトマンに宿泊される際は下記の事をご確認下さい。

 

宿泊の問い合わせの際にその人が居ないかどうか?を確認するにはこのように聞くと便利です↓

 

下の名前のイニシャルがM・60代程度・ファッション関連イベントが開催されている時期か?・品の無い顔立ち・だみ声・声が大きい

方が居ないかどうか?

 

確認してご予約される事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

 

2017年11月に日本人経営のゲストハウスを出入り禁止になったので、

その他のゲストハウス・アパルトマンを探していると思われるので日本人経営の宿泊施設を探される際は注意して下さい。

 

その方はファッションウィークの時期にパリの滞在する確率が高いので、ファッション関連のイベントがある時は警戒!

 

人間関係問題はロシアンルーレット!トラブルを避けるなら貸し切りタイプがおすすめ

パリ治安 (3)

 

 

【写真】自己中・マナーを守れない方との同居は最低最悪です・・・

今回宿泊を行った日本人経営のアパルトマンは、パリジェンヌらしい暮らしを送る事ができるお洒落で素晴らしいアパルトマンで、

 

1回目の宿泊時には憧れのパリジェンヌ生活を経験する事ができ、優雅で有意義なパリ滞在を送る事ができましたが、

2回目の今回は、「犯罪を起こしそう」「何をするか分からない」「トラブルメーカー」「プライバシーの侵害」を行う方と同居する羽目になったので最低最悪でした。

 

どんな方と一緒になるのか?

は中々選ぶ事ができず、生活の質を変える重大な問題に発展する・犯罪者に仕立て上げられる可能性があるので、

海外でのトラブルを避けたい場合は「貸し切りタイプのアパルトマン」「一般的なホテル」を選択される事をおすすめします。

スポンサーリンク