エールフランス搭乗記

フランスを始めとするヨーロッパの国々には、明確な階級があるのですが、エールフランスもヨーロッパの階級社会と同様に、

 

払った金額に応じて快適度・機内食が全く異なり、

 

ビジネスはお洒落な空間でくつろぎながら優雅な食事

プレミアムエコノミーは余裕のある席で少し上質な食事

エコノミーはLCC並みに狭い座席で10時間以上耐える

 

という感じで、

値段によって明らかに快適度が違います。

 

値段によってこれだけ違う!エールフランスの座席

エールフランスビジネスクラス座席 (2)

エールフランスの座席は、席のグレードによって値段が数万円単位で異なり、エコノミーとビジネスの場合は倍以上の差があります。

 

一番安い座席は、庶民の集合住宅・ビジネスはプール付きのゆったりとした邸宅という感じのイメージで、階級を感じる座席です。

 

スポンサーリンク

 

ビジネスクラス|エールフランス

エールフランスビジネスクラス座席 (1)

お洒落な個室風の座席で、脚を十分に伸ばすだけのスペースがあり、テレビモニターも大きくて見やすい。

 

フランスらしい洗練されたデザインで、他の航空会社のビジネスクラスよろもプレミアムな感じがする。

 

プレミアムエコノミー

エールフランス・プレミアムエコノミー座席z

エコノミーに比べると広々としていて快適。

 

エコノミーは、身長162㎝の女性でも窮屈に感じますが、プレミアムエコノミーなら余裕が結構ある。

 

エコノミー

エールフランス・座席エコノミー (2)

エールフランスのエコノミーは、日本のLCCの座席にモニターを付けてあるような感じで、長時間のフライトは疲れる。

 

機内食・ブランケット・飲み物のサービス・モニターが無ければ日本のLCCのエコノミーと同じく。

 

客室乗務員はすごくお洒落で乗った瞬間フランスを感じられる

エールフランス・お洒落

エールフランスの添乗員さんは、男性も女性もおしゃれでフランスの風格のただようムッシュ・マダムといった感じです。

 

乗った場所は上海でしたが、飛行機に一歩踏み入れた瞬間

 

「ボンジュール・マダム」

 

と言って迎え入れてくれたので、上海に居るはずなのにパリに着いたかのように錯覚してしまいました。

 

一足先にフランスを感じる事ができるのがエールフランスの魅力です!

 

食のフランスだけあって機内食のサービスは良い!

 

エールフランスの特徴はとにかく食にこだわりがあること!

 

宗教食等の特別機内食の種類が多く、エコノミーでもバケット・高級なシャンパンのサーブがありフランスの食文化を存分に楽しむ事ができます。

 

機内食のメニューは多様な種類から選択ができる

エールフランス・食事・特別食コーシャーミール(ユダヤ教食)

エールフランスの機内食はとにかく種類が多い事が特徴で、他の航空会社では中々見つける事ができないマイナーな宗教の機内食まで用意されていました。

 

イスラム・ヒンドゥー・ベジタリアン・ビーガン等は一般の航空会社でもLCCでも用意されていますが、

エールフランス・特別機内食

エールフランスの場合は、「コーシャーミール(ユダヤ教食)」と呼ばれる厳重に封をされた超特殊な機内食まで用意されています。

 

ユダヤ教食は中々出会う事ができなかったので、「これを逃すと食べる機会が一生無いかも・・・」と思いわざわざ変更しました。

 

スナックやサンドイッチなどの軽食が用意されている

エールフランス・食べ物 (2)

小腹が空いた時・夜食のために、自由に食べる事ができる軽食コーナーが設置されていて、

エールフランス・食べ物 (1)

サンドイッチ・大福・キャンディー・フルーツバー

エールフランス・ドリンク

フルーツジュース・コーラ・トマトジュース・お茶・ミネラルウォーター

 

等の豊富なメニューが用意されていました。

 

エコノミーでもシャンパンを飲む事ができる

エールフランス・シャンパン

エールフランスの驚きのポイントは、エコノミーでもシャンパンを飲む事ができる事で、

 

他の航空会社ならどんなに良くてもスパークリングワインが限度で、エコノミーでもシャンパンを出すエールフランスの食へのこだわりすごいと思いました。

 

スポンサーリンク

 

 

機内の清潔度はふつう

エールフランス・トイレ

長期間のフライトの場合、どのフライトでもトイレと床が汚れてきますが、エールフランスでも同じように汚れました。

 

航空会社に関係なく毎回、初めの方はきれいですが、機内食や睡眠キットの封をあけるとそのゴミが散らかる事が多く、トイレは手洗いの下が濡れます。

 

エールフランスは客層が良いので、極端なマナー違反をする事もなく普通に使っていると思いました。

 

まとめ|お洒落な雰囲気と食事は良いけどエコノミーの座席は狭い

エールフランス・キャビンアテンダント

エールフランスは評判の通り、機内の雰囲気・キャビンアテンダントがお洒落で、食にもこだわっているので機内食も充実していてフランス旅行をより楽しむ事ができると思います。

エールフランス・座席エコノミー (1)

しかし、一番安いエコノミークラスの座席の狭さは考え物で、LCC並みの広さの座席で長時間乗るのには苦痛でした・・・

 

幸い、エールフランスはプレミアムエコノミー等の広い席が別料金で確保できるのでお金を払えばこの問題は解決できるので、

 

エールフランスに快適に乗りたい方はアップグレードを考えてみて下さい。

 

スポンサーリンク