世界一周で訪れた国の中で人生を変えた国やそこで起こった出来事・人との出会い・発見をご紹介します!

ヨルダンアカバラクダ

世界1周を2回(約50か国)体験した後に、その後の人生や考え方がどのように変わったのか?心境やそれを基に実践している事を公開!

世界一周!人生を変える国との出会い5選!

世界を旅すると、驚き・新発見の連続で、気が付く事ができなかった多くの事に気づき、人生を変える国との出会いが多々ありました!!

人生や考え方を変えるきっかけとなった国との出会いベスト5をご紹介します!

カンボジア

カンボジアの人々の笑顔

2度の世界一周旅行を経験した旅先の中で一番自分の人生に影響が大きかった国はカンボジアです。

カンボジアは、戦争の影響で地雷が多く埋められており、経済的にもとても貧しい国ですが、そんな中で暮らす人々の純粋な笑顔には驚きの連続でした。

人々の笑顔を見ていると、お金が無くても心は豊かなのだと言う事に気が付き、物質的な豊かさよりも心の豊かさを目指す生き方をしたいと強く願うようになりました。

 

フランス

エッフェル塔ライトアップ

 

フランス人は洗練されたオシャレなイメージがあり、「パリジェンヌがお洒落でゴージャスなのはお金をたくさん使っているから」と思っていましたが、実は真逆でした。

パリの人々と話をしていると、フランスの人々の生活は実は質素で、

少ないお金を工夫して使うために

●物を購入する際は良く考えて選ぶ
●お金を払わず自分の力でサービスや物を手に入れる
●無駄を少なくする工夫をしている

という事が習慣になっていて、しっかりと物事を考える習慣が付いているからお洒落なのだという事を知りました。

帰国後はそんなフランスの人々の考え方や行動を実践し、少ないお金で豊かに暮らす方法を常に考えて日本でも生活を送っています。

その結果、年に数回の海外旅行をするお金を貯める事ができ、いかに今までの暮らしに無駄が多かったのかを痛感しました。

 

インドネシア

バリ葬式

インドネシア人は今まで訪れた50か国の人々の中で一番優しく、思いやりに溢れた人々で、優しさに感動しました!

また、カンボジアの人々に負けない位に笑顔も素敵で、「あまり笑わない」と日本人から言われていましたが、私もインドネシアの人々の笑顔を見ているといつも笑顔になって、

インドネシア人に「私はあまり笑わない人だ」と言うと「いつもあなたも笑っているじゃないか?本当に?」

と言われるくらいに変化しました。

この事から、「自分の笑顔は他の人を笑顔にする力がある事」を知り、笑顔でいると楽しくなる事を知りました。

日本人(特に面倒だと思った人)に対しては未だに笑顔で話す事ができませんが、外国人からは「いつも笑顔で素敵」と言われる事が多く、

笑顔がすごく増えた事は、世界一周して大きく人生が変わった事だと言っても過言では無いと思います。

 

ウルグアイ

世界で一番貧しい大統領・ムヒカ

2度目の世界一周旅行で「世界一貧しい大統領」と言われているムヒカ元大統領にお会いする機会があり、ムヒカ元大統領のスピーチを聞きました。

スピーチの内容は、

「持っていない人が貧しいのではなく、持っていても、まだ欲しい、まだ足りないと足る事を知らない人の事」

だという内容で、そのスピーチ会場で一緒だった日本人が他の人を押しのけて迷惑をかけながら写真撮影をしているのを見た時に、

「欲張ると人に迷惑をかけ、譲り合いができないと他人に幸せを分けられない・自分の分が無いと分かると人々は強欲になる」

とこの光景を見ていて感じました。

これを見ていて嫌だと思ったので、自分の後ろに居た人に場所を代わると後ですごく感謝され、

この事から、自分の持っている物に満足し、人にも譲れば、みんなが必要な物を得る事ができ、奪い合いが無くなり、多くの人が幸せになる事ができる事を感じました。

 

シンガポール

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a4%9c%e6%99%af

シンガポールに行く前は「日本はアジアのリーダーで最も発展しているアジアの中でも一番素晴らしい国」だと思っていましたが、

シンガポールの人々の親切さ・美しさ・他民族が一つの国で上手くやっている事・制度・発展の度合いを見ていると、

「日本って大した事が無い」

「日本はアジアの国々に追い抜かされて没落していく国」

だと実感しました。

シンガポールが発展した理由は、リーダーシップのしっかりとしている政治家のお陰で、足の引っ張り合いばかりしている日本の政治とは大違いで、

こんな政治家たちの行う政治のために税金を払う事が馬鹿らしくなり、それ以来、「税金=ムダ金」と考え対策に取り組んでいます。

シンガポールを見た事で日本の政治や制度に呆れ果て、「日本は没落する国という事を実感した」ので余計に日本で暮らしていく事に希望が無くなりました。

 

まとめ

世界を旅した事で、日本は経済的な豊かさを追い求め過ぎた結果、お金以上に大切な「思いやり」「笑顔」「人とのつながり」等を失った「不幸な国」であると思いました。

また、最近は追い求めてきたお金も手に入れる事ができない人も増え、お金だけではなく、大切な物も失った悲しい国で、

シンガポールの発展を見ていると、

「他の国々に追い抜かされて将来は全てを失う世界で一番貧しい国になる」のでは?

と日本で生きていく事に対する将来の希望や夢を無くしてしまいました・・・

スポンサーリンク