インカエクスプレス遺跡巡り&ペルー料理ビュッフェ・バスツアーの旅!

インカエクスプレス

プーノ~クスコの間の遺跡や観光スポットを巡りながら移動した体験記とインカエクスプレスバスツアーの内容をご紹介します!

インカエクスプレス・プーノ~クスコ1日遺跡観光バスツアーの内容

インカエクスプレス・プーノ~クスコ1日遺跡観光バスツアーの内容

インカエクスプレス・プーノ~クスコ間は夜行と昼行の便があり、昼行を選択すると遺跡や観光スポットを巡りながら移動する事ができます。

クスコ~プーノが一般的ですが、逆路のプーノ~クスコも選択する事も可能(内容は変わらない)で、本体験記では後者の旅程をご紹介します!

プーノ:チチカカ湖を出発!

チチカカ湖お勧めのお土産

トトラの浮島やインカ時代の暮らしを垣間見る事のできるチチカカ湖を出発!

インカエクスプレス遺跡巡りツアーの前には、チチカカ湖ホームステイツアー1泊2日に参加しましたが、

感動的な風景やアンデスの人々の暮らしに触れる事ができるのでバスツアーの前後に参加すると良いと思います。

フリアカの町を車窓見学

ペルーフリアカ()

フリアカはチチカカ湖観光の空路のゲートウェイになるフリアカ空港がある街で、観光地というよりかは庶民の暮らしを感じる街。

インカエクスプレスツアーでは、車窓観光のみとなりますが、行き交う人々や活気あふれる市場の様子を眺める事ができ、車窓観光でも十分に満喫する事が可能です。

プラカ:古い遺跡と教会を見学

インカエクスプレス遺跡巡りツアー・プラカ(Pucara)

  • インカ帝国の歴史や文化を紹介する博物館
  • 古い遺跡を建物から見物
  • 教会の外観を見学
  • お土産の購入

等を行う事ができるスポットで、レンガで作られた歴史を感じる教会の周りにはアルパカや羊等が放されており、インカ&アンデスを感じる事ができるスポットです。

ラ・ラヤ:標高4335mで記念撮影

インカエクスプレス遺跡巡りツアー・ラ・ラヤ()

ラ・ラヤは標高4335mを誇る富士山の山頂を超える高さの峠で、高地のため雲が近く、山の頂上付近に残る雪等のアルプス山脈等アルプスの自然を感じる事ができるスポット。

バスが止まる場所には、「標高4335m」書かれた看板があり、この看板は撮影スポットとして観光客の間で人気なので記念撮影にも◎。

また、ラ・ラヤには民芸品を扱う露店が数店舗あり、アルパカ毛織物・毛糸で作った衣類・小物・人形・キーホルダー等のペルー土産を交渉次第では安価で購入する事もできます。

シクアニ:ペルー料理ビュッフェの昼食

インカエクスプレス遺跡巡りツアー・昼食レストラン

大パノラマでアンデスの風景やペルーレイルが通過する様子を眺めながら食事ができるビュッフェレストランで昼食。

インカエクスプレス遺跡巡りツアー・昼食レストランメニュー

メニューの一例は、

  • アンデスの野菜や穀類で作られたスープ
  • ジャイアントコーン
  • ラム肉を使った肉料理
  • アロス・コン・レチェ(ペルーの伝統的なデザート)
  • コーヒー・紅茶・ソフトドリンク

等で、ペルー料理を少しずつ何盛り付けると、珍しい料理を一度に種類も試す事ができます。

また、食事の時間中にはペルーの伝統的なアンデス音楽フォルクローレの生演奏も行われるので、アンデスを存分に感じる昼食になるでしょう。

ラクチ:壮大な石の壁・ヴィラコチャ神殿跡

インカエクスプレス遺跡巡りツアー・ラクチ遺跡

十数m~30程度の高さの石の壁が何十mも続くラクチ遺跡は、元々はヴィラコチャ神殿の中心になる壁だったそうで、

付近ではアンデスの山々や人々の農作業風景を眺める事ができる自然・遺産・人々の暮らしが融合したスポットです。

スケールの大きな石の壁で有名なラクチ遺跡ですが、石の壁が元々は何だったのか?どんな形だったのかを聞いて驚きました。

シークレットスポット!インカ時代の石橋

インカ時代の石橋・ペルー

クスコ~プーノ・インカエクスプレスのツアー工程には記載されていませんが、今回のツアーではインカ時代のアーチ状の石橋を訪問し川にかかる吊り橋を渡るというスリリングな体験をする事ができました。

※2017年3月時点では、公式なバス立ち寄りスポットとして好評されていないのでここに行く事ができるかは不明です。

アンダワイリーヤス:バロック形式の教会

インカエクスプレス遺跡巡りツアー・アンダワイリーヤス)

25金をふんだんに使ったバロック形式の豪華な教会には、地獄と天国をモチーフにした壁画があり、見ているだけでもキリストの宗教観を感じる事ができます。

ペルーの他の教会に比べると、内装は豪華で手の込んだ作りになっており、一味違った装飾が施されているので必見です!

教会の内部を撮影する事が禁止されているので撮影はできませんでした・・・

クスコ:インカ文明の中心地に到着

ペルー・クスコ観光スポット

アルマス広場・カテドラル・12角の石で有名なインカ文明の中心地「クスコ」に夕方の17~18時頃に到着!

因みに、到着場所はクスコ郊外のバスターミナルで、しっかりとしたオプショナルツアーを取っていないと、タクシーと料金交渉をする事になります。

また、夜のクスコは治安が悪いと言われており、ホテルを置いた後の暗くなった時間帯の外出はあまりお勧めできないので、

アルマス広場中心地のホテルやレストラン付きのホテルの利用がお勧めです。

スポンサーリンク

バスツアー参加に便利なホテル

バスツアーは朝早くから始まり夕方の5~6時頃に終わり、

在住の日本人の話によれば夕方~早朝にかけてはクスコやプーノの治安は特に悪くなるとのことです。

そのため、夕方~はホテル滞在を満喫したり、長時間の街歩きを避けるため立地の良い場所での滞在をお勧めします。

インカ帝国を感じるクスコのお勧めホテル

インカ帝国を感じる:ベルモンド ホテル モナステリオ

クスコの人気ホテル:JW マリオット ホテル クスコ

雰囲気がGOOD:ベルモンド パラシオ ナザレナス

立地良好:ロイヤル インカ 1

プーノ観光に便利なホテル

立地良好&ハイクラス:ロイヤル イン ホテル プノ

ベストセラー:アシエンダ プラザ デ アルマス

高評価:カーサ アンディナ クラシック プーロ プラザ ホテル

インカエクスプレス遺跡巡りツアーの注意点

インカエクスプレス

 

インカエクスプレス遺跡巡りツアーは個人での手配でも可能ですが、バスの発着場所からクスコやプーノの中心地からは離れており、移動の際にトラブルが起こる事もあります。

今回の遺跡巡りツアーでは、日本では知名度の低い現地旅行代理店を利用したために、インカエクスプレスに乗り遅れるというとトラブルが発生し、拒否しましたが頼みもしていないタクシー代を一方的に請求されました。

安心・安全・快適な旅をお望みの場合は、日本にしっかりとした窓口のある代理店でのお申込みをお勧めします。

スポンサーリンク