飛鳥Ⅱの寄港地で行われるオプショナルツアーの内容・値段・コースや寄港地での過ごし方をご紹介します。

%e9%a3%9b%e9%b3%a5%e2%85%a1%e3%82%aa%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e6%a1%88%e5%86%85

出港の1か月くらい前になると、飛鳥Ⅱからオプショナルツアーのお知らせが送られます。

飛鳥Ⅱのオプショナルツアーの内容・値段

%e9%a3%9b%e9%b3%a5%e2%85%a1

飛鳥Ⅱのオプショナルツアーは、参加者にも分かりやすいように時系列・文章・マークを使って紹介されています。

オプショナルツアーの内容

入港から出港までの時間が9時間程度の寄港地の場合、オプショナルツアーは一番長いコースでも5時間30分、半日コースでは2時間45分です。

韓国の済州島の場合、主な観光スポットをバスで巡る一般的な観光ツアー・昼食付きの世界遺産観光ツアー・韓国エステ体験ツアーがあり、

プライベートで観光を楽しみたい方のために「ガイド付き貸し切りツアー」も用意されています。

ツアーは、

らくらく:バスでの移動が基本で観光施設等では少し歩く程度で、体の不自由な方も参加しやすい。

一般:コースに徒歩での観光・坂道や階段を上る事が含まれる

健脚:徒歩での観光・急な坂道や段数の多い階段が含まれているコースで、体の不自由な方や体力に自信の無い方には不向きなコース。
場合によってはトレッキングも含まれるとのことです。

に分けられており、コースのハードさが事前に分かるようになっています。

コースの種類と値段

●済州市内半日観光(午前)Aコース・2時間45分:6,700円:昼食・無し

●済州市内半日観光(午前)Bコース・3時間:6,700円:昼食・無し

●城山日出峰車窓観光と城邑民俗村・4時間45分:10,800円:昼食・焼肉

●世界遺産・城山日出峰を訪ねて・4時間30分:9600円:昼食・海鮮鍋

●済州島の世界遺産巡り・5時間30分:9,600円:昼食・海鮮鍋

●済州島南部1日観光・5時間30分:12,500円:昼食・焼肉

●済州島1日観光・5時間:13,200円:昼食・焼肉

●済州島エステ体験・4時間15分:13,800円:昼食・アワビ粥

●ガイド付き貸し切り専用車・4時間:車1台(最大5名):39,000円:昼食・無し
9種類ものオプショナルツアーがあり、値段も飛鳥Ⅱとは思えないリーズナブルな価格なので気軽に参加できます。

ピースボートのオプショナルツアーも同等の価格ですが、ガイドの質はイマイチで「ツアーを取って損した」と思う事も多かったのですが、

飛鳥Ⅱはプロの通訳やしっかりとした旅行代理店と契約しているので充実した観光を楽しむ事ができるでしょう。

スポンサーリンク

オプショナルツアーを取らなくても安心!

%e9%a3%9b%e9%b3%a5%e2%85%a1%e6%b8%88%e5%b7%9e%e5%b3%b6

飛鳥Ⅱの寄港地案内・オプショナルツアーの小冊子に書かれた寄港地情報。

ここが飛鳥Ⅱの気配りポイント!

飛鳥Ⅱはとても親切で、寄港地の観光スポットを地図付きで詳しく紹介してくれるだけではなく、入港する船着き場の名前や市内中心部への交通に関する情報を事前に知らせてくれます。

これなら、事前に寄港地の下調べをする事ができ、計画も立てやすいので自由行動でも安心です。

飛鳥2と他の客船との比較

世界1周のピースボートにも乗った事がありますが、ピースボートのオプショナルツアーの冊子には入港する港の地名や情報がほとんど無く、シャトルバスは有料で、観光スポットに関する情報も少ないく自由行動は不安でいっぱいで、オプショナルツアーを取らせるために情報を与えないようにしていると感じました。

ピースボートのオプショナルツアー冊子はフルカラーで見た目は華やかで綺麗ですが、飛鳥Ⅱのオプショナルツアー冊子は単色刷りでも「本当に役に立つ・ニーズに合った」情報を的確に提供してくれるので中身は飛鳥Ⅱの圧勝です。

飛鳥2は「オプショナルツアーを取らない人にも旅行を楽しんで頂きたい」という気持ちが伝わるような寄港地の案内で「さすが!」と思いました。

まとめ

国内の旅行会社で世界一周を取り扱うピースボートの場合は、寄港地に関する情報は少なくオプショナルツアーを取らざるを得ない状況になり、オプショナルツアーだけで旅費と同じかそれ以上のお金を使う事も珍しくありませんが、

飛鳥2の場合はオプショナルツアーを取らなくても楽しむ事ができる配慮がなされており、ツアーの料金もそれほど高くないためピースボートに比べると寄港地観光は安く上がるでしょう。

豪華客船として有名な飛鳥2ですが、実は1泊最安で3万円台~のクルーズもあるので、それほどお金をかけずにクルーズライフを満喫する事ができます。

飛鳥Ⅱ格安クルーズ一覧表

寄港地の治安や利便性にもよりますが、飛鳥2の場合、旅行のかなり早い前の段階から寄港地の観光スポット・港の名前やターミナル・船から市内までの交通方法等を知らせてくれるので、

オプショナルツアーを取らなくても自由行動で十分観光を楽しむ事ができます。

スポンサーリンク

 

船内見学&説明会~乗船まで

  1. 飛鳥Ⅱ船内見学会に行ってみた
  2. 5万以下!リーズナブルな飛鳥Ⅱクルーズ
  3. 済州島クルーズ3日間乗船クルーズ決定!&申し込み
  4. 格安料金で飛鳥Ⅱに乗る裏ワザ
  5. 飛鳥Ⅱのオプショナルツアー
  6. 飛鳥Ⅱクルーズの持ち物
  7. 一番の難題・・・飛鳥Ⅱのドレスコード
  8. 自宅~飛鳥Ⅱまでの移動「エヴァンゲリオン新幹線で九州へGO!」

飛鳥Ⅱの乗船!乗船~下船までの体験記

  1. 避難訓練
  2. 飛鳥の美しい出港パーティー
  3. 泊まったお部屋Kステートの紹介 → Fステートにアップグレード
  4. 1日目・乗船日・インフォーマルナイトの過ごし方
  5. 2日目・飛鳥Ⅱを満喫する1日の過ごし方
  6. 3日目・最終日も飛鳥を存分に満喫!
  7. 船内新聞とイベント
  8. ラグジュアリー客船の豪華な船内施設
  9. 飛鳥Ⅱのお土産|飛鳥オリジナルグッズや高級品!買った物は?
  10. 上質な休日を堪能しよう!飛鳥の素敵な1日