パリのアパルトマンで憧れのパリジェンヌになりきった5日間お洒落な生活をご紹介します。マルシェ・カフェ・ピクニック・お散歩・オペラ鑑賞、等身大のパリジェンヌを再現した生活を体験。

ゲストハウスポムポム
パリのアパルトマン「ゲストハウスポムポム」の様子。白を基調としたお洒落なインテリアはパリジェンヌにピッタリ。

5日間で、なりきりパリジェンヌ

パリジェンヌに憧れて、パリのアパルトマンをレンタルしてパリで暮らした日記。

カフェ・マルシェ・公園ランチ・ケーキ屋さん・お菓子屋さん・・・

女子力満点の5日間をご紹介します♪

スポンサーリンク

1日目:パリのアパルトマンに到着&お料理な一日

15:00アパルトマンに到着&買い出し

パリのアパルトマンパリジェンヌ生活 (1)
アパルトマンの近所の肉屋さんやスーパーで様々な食材を購入。フランスの野菜はカラフル♪

16:00アパルトマンのキッチンで調理開始

パリジェンヌ体験
おいしそうな香りがキッチンに広がります。

18:00完成

パリアパルトマン料理

晩御飯のメニューは

・フォアグラとポルチーニのステーキ
・季節の温野菜サラダ
・ポロネギのスープ
・バケット・チーズ・サラミの盛り合わせ
・ワイン

パリジェンヌの普段の夕食は、もっとシンプルですが、今日はパリジェンヌ生活開始の門出を祝って豪華に。

フランスの家庭料理やお菓子をプロに習う事のできるツアーがあるので、
゜:*★フランスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°
の利用もおススメです。

2日目:アパルトマンの近所をお散歩・美味しいスイーツを見つける

朝:近所のカフェでパリジェンヌの朝食の定番メニューを頂く

パリジェンヌ朝食カフェ
カフェオレ・オレンジジュース・クロワッサンの組み合わせはパリっ子の朝食の定番。通勤前のパリっ子と朝食を楽しみました。

昼:アパルトマンの近所をお散歩

パリマルシェ
マルシェを発見。マルシェには野菜・果物・肉・魚・チーズ等のフランス食材が豊富に売られていてパリの食文化を学ぶ良い機会になります。

パリ花屋
花屋さんを発見!!
フランスの花屋さんは花の色使いが美しく、男性もお花を買いに来ていました。きっと奥さんにプレゼントするのでしょう💛

ニーナ人形
ケーキ屋さんでケーキを購入。可愛らしいプチケーキを晩御飯の前に頂きました。

パリにはたくさんのケーキ屋さんやチョコレート屋さんがあり、どれも美味しそうなので思わず買ってしまいます。

今日のディナーは?

パリアパルトマン料理
フランス食材をふんだんに使ったカラフルな料理に仕上がりました。

・エビと卵とフランス野菜のゼリー寄せテリーヌ
・ムール貝の白ワイン蒸し
・ビーツの冷製スープ~芽キャベツを添えて~
・ラデッシュ
・タルトタタン(リンゴのタルト)

スポンサーリンク

3日目:蚤の市&夜のパリの街を散策、寒い夜のカフェのホットワインは格別な一日

朝:パリ14区「ヴァンブ蚤の市」でお買い物

ヴァンブ蚤の市
パリっ子だけではなく日本人にも人気の「ヴァンブ蚤の市」へ。

可愛らしい雑貨や何百年も前に作られた家具等を等を眺め、パリの歴史や庶民の暮らしに触れました。

アパルトマンに帰った後は、お洗濯や料理をしました。パリでは「洗濯物を屋外に干す事が禁止されている」事を知り驚きました。

午後:ラデュレで優雅にアフタヌーンティー

パリラデュレ イスバハン
ラデュレの名物イスバハン。映画マリーアントワネットにも出る程の豪華さです。
続きを読む

パリではケーキを30種類程食べ、パリのスイーツ食べ比べをしました。
パリお勧めスイーツランキングベスト5の紹介

夜:エッフェル塔ライトアップを目指して夜のパリの街を散策

エッフェル塔ライトアップ
エッフェル塔は、一時間おきにキラキラと輝く特別なライトアップがされ、豪華な感じになります。

近所を歩いていると、エッフェル塔のライトが空を照らす光が見え、

「そうだ!光を頼りにエッフェル塔に行ってみよう!」

と予定を急遽変更。

深夜のカフェでホットワイン

パリカフェホットワイン
寒いパリの夜のホットワインは格別。

ちょっと散歩に疲れたので、カフェでひと休み。

「寒い夜にピッタリな飲み物は?」と聞くと、

「ホットワインがおススメですよ」と店員さんが勧めてくれました。

ホットワインはオレンジやスパイスの入った甘いワインで、体が温まりました。夜のカフェは静かで、ゆったりとした時間が流れ、そんなカフェで飲むホットワインは格別でした。

4日目:マリアージュフレールでブランチとオペラ鑑賞で芸術鑑賞

マリアージュフレール・マレ本店でブランチ

パリ・マリアージュフレール・ブランチ
お茶をふんだんに使った彩りの美しい豪華なブランチ。

憧れのマリアージュフレールパリ本店でブランチ。イケメンのギャルソンの居る上品な店内でのブランチは、お金持ちのパリマダムになった様。

ブランチにはケーキセットも付いていて、優雅な朝のひと時を過ごしました。

オペラバスティーユでオペラを鑑賞:演目は蝶々夫人

オペラバスティーユ
日本人女性と外国人男性の恋愛と別れを描いた悲しいストーリー。

蝶々夫人のフランス名は「マダムバタフライ」日本の物語ですが、着物がフランス風にアレンジされ初めは日本の物語とは分かりませんでした。しかし隣に座っていた同い年のフランス人男性が色々と教えてくれて、初めて日本の話と知りました。

フランスは「文化や芸術を若者にも学んでもらいたい」という事で、若者向けに格安の料金で博物館や講演の料金を設定しているから、「若い人でも自国の文化や芸術に詳しいのかな?」と感じました。

5日目:手作りサンドイッチで公園ピクニックランチを楽しんだ一日

朝:アパルトマンのキッチンでサンドイッチを手作り

パリサンドイッチ
ラデッシュとカマンベールチーズのサンドイッチ

パリっ子にとって、サンドイッチはおにぎりと同じだとフランス人の知人が教えてくれました。

昼:自然史博物館前の公園へ

パリジェンヌピクニック
パリの小学生達が校外学習に来ていました。花を見るだけではなく臭いを確かめるように先生に教えられていて、小さい頃から深く物事を学ぶ教育方針には驚きました。

パリ花

パリには日本では見かけないような珍しい花々が咲き乱れ、美しい花々に囲まれてのランチは格別。

 

カノラマ号3 (1)

風が気持ち良かったので芝生の上に寝転がると、

木々の間から美しい空が見え、流れる雲をしばらく眺めていました。

パリは、空も花も緑も美しい。

明日は帰国日なので、「お土産を買わなきゃ」と前から行きたかったル・ボンボン・オ・パレという名前のお菓子屋さんに行きました。

ル・ボンボン・オゥ・パレ (1)
ル・ボンボン・オ・パレ はお菓子の国に迷い込んだような可愛らしい内装で、パリの子供のお小遣いでも買う事ができるようにチョコレート一粒からの販売をしているそうです。

子供達と一緒にお菓子選びをして、子供の頃に戻ったようでした。
続きを読む

参考にした本

アパルトマンでパリジェンヌ体験

パリで暮らしていくために便利な情報やお洒落なお店がたくさん掲載されています。パリジェンヌ体験のモデルプランも掲載されているので、真似るだけでお手軽にパリジェンヌ体験ができます。

 

パリランキング&マル得テクニック

今回のパリジェンヌ体験で利用した「ゲストハウスポムポム」の詳しい情報や、パリの便利なサービスが紹介されています。