豪華客船飛鳥Ⅱの最安の客室(一番安いクルーズでは1辺り泊3万2千円)を紹介します。

飛鳥2Kステート (2)

筆者が乗船を決めたKステートの客室。コンパクトで落ち着ける雰囲気がGood!

飛鳥Ⅱ最安でも十分豪華なF/Kステート

日本発着の格安客船ピースボートの一番安い部屋はタコ部屋のような感じですが、飛鳥Ⅱの場合は最安であっても上質さと落ち着きを兼ね備えた居心地の良い造りになっています。

驚いた事は、最安のお部屋でもソファーやバスタブが完備されていて、ゆったりとくつろぐ事ができるように配慮されている事です。

F/Kステートの間取り

FKステート

引用元:http://www.asukacruise.co.jp/

F/Kステートの専有面積は18.4㎡という広さで、筆者の住む一人暮らし用の1Kのマンションと同じ位の面積ですが、

キッチン等が無いのでこの面積にしては広々とした感じがあり、ベッドの端に座れば良い感じで海が眺められるので、十分です。(バルコニーがあったとしても波しぶきがかかるので個人的には窓で十分だと思う。)

F/Kステートの室内写真

最安の客室・Kステートのソファー

飛鳥2Fステート (1)

Kステートは少し洒落た感じのストライプのソファーがありテーブルにはお花が!

2番目に安い・Fステートのソファー

飛鳥2Kステート (4)

 

Fステートには寝転べるような感じで、柔らか目のソファーがあります。こちらの方が若干広々とした感じのソファーです。

FステートとKステートの違いは?

FとKの違いは、窓の外に救命艇が有るか無いかで、景色がきっちり見えるか見えないかだけで他の違いはあまりありません。

クルーズ中の景色を楽しまれたい方にはFをお勧めしますが、長い間クルーズをしていると景色なんてどうでも良くなるし(船のデッキから見られるから)、一番安いKステートにもちゃんと窓があり朝と夜が分かるのでKでも問題無いと思います。
(世界一周105日クルーズ窓有の部屋滞在経験より)

飛鳥2Fステート (2)

このように救命艇が窓の外に吊り下げられています。頑張れば少しは海が見えるかも!

スポンサーリンク

F/Kステートのアメニティ

格安客船ピースボートのアメニティは皆無に等しいのですが、流石は豪華客船飛鳥Ⅱ!

旅館にあるようなお茶のセット一式や、資生堂のボディーソープ等様々なアメニティが備付けられていました!

ティーセット

飛鳥2Kステート (3)

ポットがあり、熱々のお湯を使う事ができる事が嬉しい!日本茶・紅茶があります

バスルームのアメニティ

飛鳥2Kステート (1)

バスルームのアメニティは、日本の有名ブランド資生堂の商品が置かれています。

因みにこちらの商品は日本でも買えるようで、

飛鳥Ⅱに乗らなくても飛鳥Ⅱの気分を自宅のお風呂で味わう事もできます。

飛鳥Ⅱアメニティ・資生堂のTHE AMENITY アロマシリーズ


資生堂ジアメニティ アロマシャンプー400ml&コンディショナー400mlセット


資生堂ジアメニティ アロマ30mlミニボトル 4本セット オーガンジーポーチ入り

ここで紹介した資生堂のアロマシリーズは、どちらも千円~2千円台なので結構お手軽に購入できます。

また、日本の豪華客船飛鳥Ⅱが選んだシャンプーなのでそれなりの品質も期待できるので、お勧めです!

まとめ

飛鳥Ⅱの一番安い部屋でも十分に豪華で、船のキャビンと言うよりはホテルという感じがしました。

KとFステートの違いは窓の景色がしっかりと見えるか見えないかで、船内生活をリーズナブルに体験してみたいという方にはKステートでも十分でしょう。

>> 飛鳥Ⅱの格安クリスマスクルーズの資料請求はこちら<<

一番安い「済州島2泊3日クルーズ(九州発)」ではKステートのお値段は64,000円で一泊当たり32,000円というリーズナブルな価格になっているので狙い目です!

 

神戸か横浜発の1泊2日なら最低42,000円~手軽に飛鳥Ⅱを体験したい方はクリスマスを狙うとリーズナブルで豪華なクルーズが楽しめるでしょう。

スポンサーリンク