飛鳥Ⅱで2番目に高級な客室アスカスイートのキャビンやアメニティー・サービスを紹介します。

飛鳥スイート (2)

青を基調とした海らしい客室で、ロイヤルスイートに比べると落ち着いた感じの部屋だが、この落ち着いた感じがアスカスイートの魅力。

飛鳥Ⅱ・アスカスイートの客室

上質で落ち着きのある機能的な客室で、ゆったりとしたリビングが良い感じの上質なお部屋です。

アスカスイートの間取り

飛鳥2アスカスイート

引用元:http://www.asukacruise.co.jp/

アスカスイートの広さは45.8㎡という広さで飛鳥Ⅱの客室の中では2番目の広さのお部屋。

アスカスイートの特徴は、上質で機能的なお部屋だという事で、一つの部屋ですがカーテンで寝室とリビングを分ける事ができ、来客があった時でも安心で、洗面所へのアクセスも2wayなので機能的で便利です。

アスカスイートの自慢のリビング

飛鳥スイート (3)

乗船時にはリビングのテーブルにカナッペ・スパークリングワイン・クッキーが用意され、スパークリングワインを片手に出港を堪能する事ができる。

寝室

飛鳥スイート (2)

ふかふかとしたベッドに枕が3つ。色合いが上品な寝室です。

ベッドの足元のカーテンを閉めればリビングと寝室を仕切る事ができ、同室の方が寝ていてもカーテンをすればリビングで読書等を楽しむ事もOK。

トイレ

アスカスイートのトイレは1つだけですが、何故か便器は2つあります。

飛鳥2スイート (5)

どうやって使うかは分かりませんが、日本国内ではお目にかからないゴージャスなトイレです。

アスカスイートのアメニティー

飛鳥スイート (1)

アスカスイートのアメニティーはこんな感じですごく豪華。

アメニティーの内容は、ロクシタンシリーズのシャンプー・リンス・ボディーソープ、おしゃれは袋に入っているのは、歯ブラシ・石鹸・シャワーキャップ・カミソリ・ヘアブラシ・レディースセット。

ロクシタンのミニセットは買えば1000~はするし、タオル等もおしゃれにラッピングされていていい感じ♪

スポンサーリンク

アスカスイートのサービス

ロイヤルスイートに比べると特典は少ないのですが、それでも豪華です!

気になる特典は、

  • ウエルカムスパークリングワイン・クッキー・カナッペを乗船時に用意してくれる。
  • 軽い食事・ソフトドリンク・お茶菓子をルームサービスしてくれる。
  • 冷蔵庫のミネラルウォーター・お茶・ソフトドリンク・ビールが無料。
  • プレミアムダイニングのプレゴが利用できる

と言った感じです。

アスカスイートの感想・まとめ

ロイヤルスイートはウエルカムドリンクがシャンパンでフルーツが用意されているのに対し、アスカスイートはスパークリングワインで、用意されているのはクッキーでスイートと言っても結構差はありますが、値段は2倍位違うのでそれくらいの差はあっても当然だと思います。

(因みにお値段は横浜ワンナイトクルーズCの場合、ロイヤルスイートが262,000円・アスカスイートが147,000円です。)

アスカスイートの魅力は、上客限定のダイニングプレゴでディナーを食べる事ができ、VIPな気分を味わう事ができる事で、最低11万8千円あれば(横浜ワンナイトクルーズAの場合)アスカスイートを体験する事ができるので、手が届かない値段ではない事です。

今は20代で1日の旅行に使えるお金はそこまでありませんが、30代になって、もっとお金が稼げるようになったらアスカスイートに乗りたいです。

スポンサーリンク

飛鳥Ⅱについてもっと詳しく知るには?

飛鳥Ⅱについてもっと詳しく知りたい方は、資料請求をしてみて下さい。

資料請求をすると飛鳥Ⅱの設備や客室が詳しく説明されたパンフレットや、最低4万円程度~海外クルーズのように様々な種類やコンセプトのクルーズが掲載されています。

資料請求は無料で、パンフレットを見ているだけでも豪華客船の事を知る事ができて結構楽しいのでお勧めです!

>> 飛鳥?の資料請求はこちらから <<