港街ウクライナ・オデッサの観光スポットや、治安や注意点等の観光に役立つ情報をご紹介します。
ウクライナオデッサ観光 (2)

ウクライナ・オデッサは昔から貿易都市で、社会主義の面影が残る街には、バレエ劇場・博物館・宮殿等の芸術的な建築物が数多くあります。

西ヨーロッパの雰囲気とは一味違う社会主義の面影のある雰囲気の街並みで、

人々は、ゆったりとリラックスした感じです。

ウクライナ・オデッサの見所

オペラバレエ劇場

ウクライナオデッサオペラバレエ劇場

目を引く大きくて豪華な感じの建物はオペラ・バレエ劇場で、バレエやオペラを見物する事ができます。

エカテリーナ4世像(不倫相手とエカテリーナ)

ウクライナオデッサ・エカチェリーナ4世

女帝エカテリーナ4世は、大の男好きでエカテリーナ4世の足元に立っている男性達は彼女のお気に入りの不倫相手だったそうです。

因みに不倫相手は全員イケメン。

トリックアートの建物

ウクライナオデッサ観光 (3)

ウクライナ・オデッサにはトリックアートの建物がたくさんあり、この建物もその一つです。

決められたポイントに立てば壁一枚だけでできているように見えますが、実際は人が入る事のできる建物なので不思議です。

ポチョムキンの階段

1925年公開の映画「戦艦ポチョムキン」で有名なポチョムキンの階段ですが、

この階段にもトリックがあります。

普通の階段は、下から見ると上の方が狭くなりますが、ポチョムキンの階段は同じ幅を保ち続けています。

その仕組みは、階段の上の方の幅が広く、下に行くにつれて狭くなっていく遠近法を利用した物で、絶妙に幅が調整されているためか下から見ても立っている所と上が同じ幅に見えます。階段を下ったら海もキレイなので是非行ってみて下さい。

スポンサーリンク

プリモールスキー並木通り

ウクライナオデッサ観光 (1)
プリモールスキー並木通り付近の公園

ウクライナ・オデッサは石畳が美しい街で、プリモールスキー並木通りには歩行者用の道が整備され、写真のような美しい木々に包まれています。

プリモールスキー並木通りは、葉っぱが風に揺れる音や木々の間からまばらに降り注ぐ太陽の光が美しく、時間がゆったりと流れています。

観光に疲れたら、近くのベンチに座ってゆったりとした時間を楽しむのもおススメです。

オデッサ郊外の観光スポット

カタコンベ

ウクライナナチスドイツ
地下道内の壁画「血には血を、死には死を」

現在のオデッサはのんびりとした笑顔の溢れる街ですが、ナチスドイツとの悲惨な戦争の歴史がある街です。

郊外には戦争遺跡カタコンベがあり、戦争の悲惨さや残忍さを感じ、ウクライナの歴史についての知識を深める事となりました。

詳しくは ナチスドイツ負の遺産ウクライナ・オデッサのカタコンベ見学

 

 

ウクライナ・オデッサのレストラン

ウクライナオデッサホテル
ウクライナ料理を食べるために滞在したホテル

オデッサには、日本食・西ヨーロッパの料理・中華等様々な種類のレストランがあり、物価は安いのでリーズナブルな価格で食事を楽しめますが、ウクライナ料理は中々見つかりませんでした。

ウクライナ料理を食べたい場合は、ホテルのレストランを利用するか、地域の詳細情報が書かれたガイドブックA31 地球の歩き方 ロシア 2016~2017を参考に探すと見つけやすいでしょう。

 

詳しくはこちら オデッサのウクライナ料理を堪能|味や食べられるお店は?

ウクライナ・オデッサの治安・観光の注意点

オデッサの治安は良好で、一人で歩いていても基本的には問題がありません。私が観光した日は日本人が何百人もオデッサ観光をしましたが、スリ等の被害も聞きませんでした。

しかし、ポチョムキンの階段等の観光スポット付近にはタカを持った客引きが居て、タカを乗せられ写真を撮った後に日本円で3000円もの大金を請求されました。毅然とした態度で断れば問題はありませんが、客引きには注意をしましょう。

観光のコツ

ウクライナ・オデッサは小さな街で、街中だけなら徒歩での観光も可能で、地球の歩き方 ロシア 等のガイドブックを持っていれば十分楽しむ事ができます。

また、ポチョムキンの階段付近では小さなカートで市内を巡るツアー(英語)も開催されていて簡単にオデッサの名所を回る事ができます。

スポンサーリンク