パリで実際に食べたスイーツの中から美味しい&お勧めスイーツを選びました。パリでのスイーツ食べ歩きの際に参考にしてみて下さい。

パリラデュレ ケーキの種類 (2)
パリにはお洒落なケーキがたくさんあり、ショーケースに並ぶケーキ達は宝石かオブジェのようです。

パリのスイーツランキング

パリのスイーツは日本に比べると、良いバターや牛乳を使っているのか圧倒的に美味しく、ケーキ屋さんで買った物ならほとんど当たりでしたが、今回はランキングという事でベスト5を決めさせて頂きます。

スポンサーリンク

1位:カール・マルレッティのリリイ・バレイ

カールマルレッティ

文句の付けようの無いパリのスイーツランキング1位は「カール・マルレッティのリリイ・バレイ」です。このケーキはスミレを使用したケーキで、ステンドグラスのように美しい飴をかぶっている見た目は「パリのお金持ちのマダム」のような上品さを感じさせます。見た目だけでは無く味も上品で、最高のケーキでした。
リリイ・バレイについて

 

2位:アメリカフェのクレームブリュレ(カフェ・デ・ドゥ―・ムーラン)

アメリカフェクレームブリュレ

映画「アメリ」の主人公の大好物のクレームブリュレです。カフェ・デ・ドゥ―・ムーランのクレームブリュレは超絶品で日本のクレームブリュレとは比べものにならない位に濃厚な味わいで、飴状になったカラメルソースのパリパリとした食感がたまりませんでした。
アメリカフェの紹介にやメニューについてはこちら

3位:ラデュレのイスバハン

イスバハン

ラデュレのイスバハンは「映画マリーアントワネット」に使用されたケーキで、バラの花をあしらった見た目はマカロンの女王と呼ぶのにふさわしく、優雅な気分に浸る事ができます。
ラデュレのイスバハン をこちらで紹介しています。

4位:マリアージュフレールのパッションフルーツケーキ

sumi - コピー

高級紅茶専門店のマリアージュフレールのお茶を使ったケーキです。花の香・抹茶・マンゴー・ピスタチオがマッチした「味の宝箱」のような素敵なケーキです。日本では絶対に味わう事のできないような味なので是非食べてみて下さい。
マリアージュフレール本店でブランチとケーキについてはこちらで紹介しています

マリアージュフレールで朝からケーキ!超豪華な朝食は?

5位:カレットのミルフィーユ

パリカレットミルフィーユ

カレットのミルフィーユは、密度の高いサクサクとしたパイと濃密なカスタードクリームのマッチする食べ応えのあるケーキで、スイーツ好きにはたまらないケーキです。
カレットのミルフィーユについて

番外

アンジェリーナのモンブラン

DSC_3660

アンジェリーナのモンブランはるるぶ・まっぷる等の数多くの観光本に取り上げられいますが、「話しのネタのために食べてみる」のは良いと思いますが、味的にはお勧めできません。口コミでも「甘すぎる」という意見が目立ち、数人の知人も「甘すぎて食べるのがきつかった」と言っていました。500円玉よりも少し大きいサイズのモンブランが売っていたので食べてみましたが、やはり甘く、このサイズで十分だと思いました。甘党では無い人は普通サイズはやめておきましょう。

サロン・ド・テ・ラ・モスケのアラビアンスイーツ

サロン・ド・テ・ラ・モスケ

サロン・ド・テ・ラ・モスケは、イスラム建築とパリのお洒落さが融合した美しいカフェですが、アラビアンスイーツの味は日本人にとっては甘すぎます。異文化を感じる事ができたので「食べて良かった」ですが、味的には微妙です。しかし、カフェ自体はとても美しく雰囲気も良いので行く価値はとても高いです。
サロン・ド・テ・ラ・モスケについて

まとめ

このページで紹介している意外にもパリには美しくておいしいスイーツやケーキがたくさんあります。

自分だけのお気に入りを見つけるのも旅の楽しみになるでしょう。パリに旅行される際は、「お気に入り」を見つけるのも楽しいかもしれません。

スポンサーリンク